2013年05月13日

ブログ更新:救急外来ってどんなとこ?by救急外来師長

皆さんこんにちは。
救急外来ですぴかぴか(新しい)

“救急”というと、とても忙しくてバタバタしているイメージを持たれると思います。

そうなんですexclamation

新東京病院の救急外来も、地域の二次救急を中心に、毎日多くの救急患者さんを受け入れており、とても忙しいのですダッシュ(走り出すさま)

当院には、心臓内科・心臓外科領域では最重症の患者さんが来院されます。
その他にも、内科や整形外科、形成外科、などなど・・・様々な疾患の患者さんがたくさん来院されます。

どんな状況でも冷静で迅速に、そして優しさのある救急看護を提供するためには、幅広い知識と技術、そして持ち前のアツいハートが重要なのです右斜め上


そのため、私たちは日々「勉強」をしています!

20130513.jpg

上の写真は勉強会の風景ですぴかぴか(新しい)

毎週1回、スタッフが持ち回りで講師になり勉強会を開催し、知識・技術の向上を図っています。
この日はBLS(一次救命処置)インストラクターの資格を持つ主任看護師が中心となり、救急初期対応の勉強会を開催しました!

こうした日々の努力を積み重ねながら、私たちは救急患者さんを守っています病院

新東京病院で私たちと一緒に、ハートたち(複数ハート)アツいハートハートたち(複数ハート)で、冷静で迅速な救急看護を目指してみませんか?


かわいいBLSについてかわいい
新東京病院では、、“いつでも,どこでも,だれでも”直ちにBLSを実施できる環境を作る事を目的として、全職員に対してAHA公認BLS ヘルスケアプロバイダーコースの研修を実施しています!詳しくは病院公式ページよりご覧下さい。

posted by 看護部 at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする