2016年12月12日

第1回院内ディケア開催

退院支援活動のひとつとして、リハビリテーション科医師を筆頭に看護部、リハビリ科で離床促進WGを立ち上げ、活動を行っています。

車いすに乗り離床させてはいるけれど、座りっぱなし・・

折り紙、ドリル、色々あるけど、どうも続かない・・・

などの現実に、それぞれの病棟ではどんな活動ができるだろうか?

と考えながら、『第1回院内ディケア』を開催しました。

テーマは、「クリスマス」クリスマス デコメ絵文字

事前に患者さんを選定、リスク回避に努め、各病棟から総勢20名の患者さんをリハビリ室に招待しました。


nurse_blog_161212_01.jpg

初めに、「ラジオ体操第1」の曲で、手足を動かします。

次に、「赤鼻のトナカイ」と「上を向いて歩こう」の曲に合わせ、

手を叩き、体を動かし、歌ってくれました。   パンダダンス2 デコメ絵文字


nurse_blog_161212_02.jpg

それから、「クリスマスツリーの飾りつけ」の作業療法を行いました。


nurse_blog_161212_03.jpg

この活動の大きな狙いは、

入院生活によってADLが低下することのないように、お家に帰れるようにすること

早期からリハビリを開始し、早期から離床を進め、褥瘡を発生させないポジショニングや離床している間のアクティビティなどを学ぶ

それぞれの病棟の看護師たちがそれぞれの病棟で活動すること!

です。


このクリスマスツリーは、各病棟で患者さんと共にクリスマスまでに完成を目指します。

さて、どんな素敵なツリーが完成するのか・・・楽しみです。クリスマスツリー デコメ絵文字

posted by GUEST at 10:15| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする